副業 ネットビジネスの税金

副業 ネットビジネスの税金

会社員でも1年で、副業利益が20万円を超えた人は
確定申告の義務があることはご存知ですよね?

そう、税務署に収入や経費を申告し税金を納めることになるのですが
多くの方は税金を納めることが嫌であったり
副業をしていることが会社にバレルのを恐れ

確定申告自体をしない、という人も多いようです。

ですが、当、副業起業大学では無申告や脱税は当然のことながらお勧めしません。

税金、税務署というと怖いイメージしかありませんが
普通に国民の義務として納税する分にはメリットもありますし

納税していないことで起こり売るデメリットというものも存在します。

例えば

・奨学金の申請

・事業融資を借りたい

・住宅ローン、借り換えを希望

・医療費控除が受けられない

などなど、重加算税などの罰則以外にも
普通のご家庭でもありえることが不可能となり困ることも多々あります。

 

だからといって、税金の知識もないまま
いわれるがまま税金を納めてしまうと、本来不要な分まで支払ったり
返還してもらえる場合にも不利益を被ることも考えられます。

ですので、税金のことは本来、税理士さんと契約をし
お任せすることが安心かつ便利ですが

税理士さんに契約するとなるとネックなのが
割とお安くはない費用がかかってきます。

例えば弊社の場合ですと月によって金額は変わるのですが

6月の支払い額は12万円を超えています。

通常は月に3万円くらいが相場であると思われますが
売り上げ規模などに応じて金額が上がるのが通常のようです。

副業を始めて、税理士さんにお任せして自分は事業に専念することも一つの手段ですが
まだ収益規模が小さい場合は

自分で税金の知識を身に着けることも
とても重要!といえますよね。

ですので、このような「せどり」や「ネットビジネス」に特化した
税金のお勉強もあるので、一度ご覧ください。

ネットビジネスの税金の知識はコチラ

 

感想などコメントをどうぞ
  1. カメラ転売

    会社員の副業で楽々稼げるカメラ転売の裏技
  2. カメラ転売

    副業カメラ転売仕入れ奥義 真似するだけで〇〇円稼ぐ方法
  3. 特集

    不動産投資は儲からない7つの理由
  4. 特集

    副業解禁とは?副業禁止から専業禁止時代へ
  5. カメラ転売

    副業から始めるカメラ転売必要な道具の全て
PAGE TOP